Pony Talk の基礎知識 ①

JPPC Organizer 椎名ミチルです。

人と Pony とでは言葉が通じない、というのが Pony Play の前提です。

ですから、Pony は足を踏み鳴らしたり、様々に発声したりすることで、音を使って自分の意志を相手に伝えます。
これを Pony Talk といいます。

おそらくは文化の違いから、馬の鳴き声については圧倒的に英語の方が、語彙が豊富です。
日本語で意味を書いてはみましたが、本物の馬(bio-equine)と触れ合った経験が皆無であるわたしには、イマイチ実感が湧かないというのが正直なところです。
お詳しい方がいらっしゃいましたら、ぜひ教えてください m(_~_)m

まずは

うれしい whinny
悲しい snort
はい (yes) stomp once
いいえ (no) stomp twice

の4つを覚えましょう。
これだけで大丈夫です。
ずっとこれだけでも十分やっていけるとすら思います。
なぜかというと、たったこれだけの Pony Talk の「語彙」では、とうてい細かい感情を表現することはできず、結果として Pony は emote を多用することになるからです。
いずれ emote についても書こうと思います。書きました。(2018/08/18)

下の画像をクリックすると、別ウィンドウで PDF が開きます。