Pony Talk の基礎知識 ②

JPPC Organizer 椎名ミチルです。

人と Pony とでは言葉が通じない、というのが Pony Play の大前提です。

ですから、Pony は足を踏み鳴らしたり、様々に発声したりすることで、音を使って自分の意志を相手に伝えます。
これを Pony Talk あるいは Pony Sound と言います。詳しくはこちらをご覧ください。

しかし、Pony Play を始めるとわかりますが、何かを相手に伝えようとするとき、pony sound だけでは全く足りません。
でも、言葉を話すわけにいきません。
そこで、セリフではなく「ト書き」、あるいは「地の文」で自分の感情や行動を相手に伝えていくことになります。
海外で使われている方法もあるのですが、日本でチャットの一手法として使われている方法の方が馴染みやすいかと思いますので、両方紹介しています。
より詳しくお知りになりたい方は、Google先生に質問してみてください(笑)。

下の画像をクリックすると、別ウィンドウで PDF が開きます。