Slalom! Slalom! Slalom!

JPPC Organizer 椎名ミチルです。
キーワードは「描画距離」でした。

今日は FFF でスラローム01)回転競技。のトレーニングをしました。
わたしはスラロームが大っ嫌い、でした。
マウスルックにしろとか、キーボードとマウスを両方使って動けとか、いろいろな指導をこれまでのトレーニングで受けてきたのですが、言われた通りにしても彼らのように速く動けるようには全くならず、グラグラする画面で酔ってしまう有様。
行って帰ってくるのに2分以上かかり、しかも faults だらけというひどい結果しか出せず、イヤになっていたんです。

今日も最初はこれまで同様の結果でした(時間は PDT です)。

[26/05/18 22:16] 124.737282 + 3 faults = 126.237282

わたしのテクニックがゼロであることは言うまでもないのですが、ラグがひどいのも本当のこと。
SIM のせいかと思っていたのですが、一緒にいたお友達のトレーナーさんとポニーさんは、10秒台や20秒台。
わたしの画面だけがやたらと重たいということ? どうして? 

ひょっとして……わたしのグラフィック設定のせいなのでは?
そう思い当たり、隣に立つポニーのお友達に質問したところ、「描画距離を32まで下げているよ」との返事。

描画距離? それだけ?
なんかもっと、わたしのよく分からない数字を増やしたり減らしたりするんじゃないの?

こうなったら言われたことは何でもやってみようと思い、描画距離を32まで思いっきりスライドしてみる。
これだけでいいのかなぁ、他にも変えるところあったりしないのかなぁ……などと思いつつ、物は試しともう一度スタート。

え!? 動く! 動くよ! 動くよぉ!!

[26/05/18 23:01] 37.717274 + 1 faults = 38.217274

いきなりの30秒台。
描画距離を変えただけで。

やぁ~ん、楽しい♪ 楽しいよぉ♪
whinnies! whinnies! whinnies!

[26/05/18 23:05] 35.173611 + 0 faults = 35.173611
[26/05/18 23:06] 36.695908 + 0 faults = 36.695908
[26/05/18 23:07] 33.553513 + 1 faults = 34.053513
[26/05/18 23:11] 32.384281 + 0 faults = 32.384281
[26/05/18 23:20] 36.355602 + 0 faults = 36.355602
[26/05/18 23:24] 33.577209 + 0 faults = 33.577209
[26/05/18 23:27] 36.582123 + 0 faults = 36.582123
[26/05/18 23:29] 31.752314 + 1 faults = 32.252312

このあたりでお友達のポニーさんが、ぼそっと一言。
「もうすぐ30秒を切れそう」

……え?
このわたしが、あんなにスラロームが嫌いだったわたしが、他の人と同じような数字をスコアボードに残せるかも?
20秒台……出してみたい。出してみたいよ!

[26/05/18 23:32] 30.777971 + 0 faults = 30.777971

「惜しい! もっとぶつかっていく感じでいっちゃっていいと思いますよ!」
お友達のアドバイス。
初めて受けたトレーニングで、タイムよりもミスしないことの方が大切と教えられていたわたしは、ミスしないように少し遠回りで動いている自覚がありました。
ぶつかっちゃうことを恐れず、もっと近くを回ってみよう。
怖かったけど、そう決めて、もう一度。

[26/05/18 23:38] 27.035858 + 3 faults = 28.535858

20秒台! やっぱりミスを恐れるあまりに遠回りしすぎてたんだ。
でも、3 faults は納得いかない。どうしてもゼロにしたい。
時計を見ると、RL で外出しようと思っている時間が近い。
ログアウトする前に、もう一度だけ、やってみよう。

[26/05/18 23:44] 27.269333 + 0 faults = 27.269333

!!!!!!!!!!
やった! 父ちゃんあたし出したよ! 母ちゃんあたしやったよ!!!
whinnies! whinnies! whinnies!

お友達も whinnies! whinnies! whinnies! と祝福をしてくれました。
しかし、その直後、そのお友達が出した記録は……

[26/05/18 23:46] 12.014578 + 1 faults = 12.514578

思わず「わああああああ@@@@」と声が出てしまいました。
すごいスピードと華麗なステップの両立、共存。
まだまだ練習と改善の余地がありそうです。

ともあれ、初めてスラロームを楽しいと思えた、記念すべき日。
JPPC のスカイにもスラロームを置いているので、そこで地道に練習してみようと思っています。

最後に謝辞を。
Thank you very very very much, Miss Enois and Pony Kazu!!

References   [ + ]

01. 回転競技。